入会サポート(経営資源を活用して新規事業開設編)

経営資源を活用して新規事業開設

開業資金が少なくて済むのが軽貨物運送事業です。本業にプラスして第二の事業の柱として、保有している軽自動車を営業ナンバーに切り替えて運送事業を開業し、季節波動を吸収しながら、より安定的な収入を確保されております。

独立開業をした会員のご紹介

【熊本営業所】2007年08月入会/真田 信太郎さんの場合

きっかけ

ちょうど今から8年前、熊本でカーショップを立ち上げました。しかし当初こちらだけでは収入面で不安があり、副業で何かできる仕事はないかと探していた時に求人誌で見かけ、問い合わせをしたのが始まりでした。

仕事内容

入会当初から、あくまでも副業としての「軽運送」だった為、毎日ある常用の仕事ではなく、短期もしくはスポットを主に紹介してもらうように依頼しました。医薬品、精密部品、フリーペーパー、梱包資材、お弁当、教材など、もちろん波はありますがコンスタントに、この8年間で様々なものを運んできました。その間様々なトラブルもありましたが、ようやく本業であるカーショップも軌道に乗り、現在は紹介の仕事とのバランスがとれている状態です。

心がけていること

とにかく「喜んでもらう仕事をすること」です。特に短期やスポットでのお仕事はその場限りで終わる場合が多いのですが、「喜んでいただける」仕事をすれば、荷主さんだけではなく、現場でお会いする同業の方ともつながりができ、その後のお仕事にもつながっていきます。(配送だけではなく、本業である車関係のお仕事を頂けることもあります。)同じ仕事をやるのならば、周りに喜ばれる仕事をし、最終的には自分が笑顔になっていければと考えています。

【東京第二営業所】2013年11月入会/本田 文彦さんの場合

きっかけ

本業は、建物内装業・襖工事の自営業を営んでいましたが、近年仕事の繁忙期や閑散期の差があり、閑散期は1年を通して約半年あり、今まではその時期に襖の工事を行っていましたが、襖の業界で同業他社が増えたり、単価が安くなったり、新築物件が以前は300万戸あったが最近は100万戸に減少したり… そのため閑散期に売り上げがなく副業を色々と考えました。自分で物流のことを調べたら、ネット社会になったことで物量が増えて軽運送事業の需要がかなり増していることがわかりました。説明会に参加し、ライフスタイルに合わせて仕事に就くことができるとの説明を受け、本業を活かしながら副業として独立開業することにしました。今は本業での工期のシフトが事前にわかるため、スポット・チャーターの仕事を本業の仕事がない日に稼働しています。日々、安全運転・遅刻・誤配などに気を配り配送をしています。荷主様からもシフトをあらかじめ提出していただき予定がわかるので大変助かっています。当初は副業で独立開業しましたが、今では配送業務が本業になりつつあります。

説明会スケジュールのご案内

あなたのお住まいの地域でも説明会を随時開催しています。

お問い合わせ窓口

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご相談

03-5961-0361

受付時間/平日9:00~18:00

メールでのご相談