入会サポート(兼業・副業として独立開業編)

兼業・副業として独立開業

本業はあるが、「季節波動がある。」「需要変動が大きい。」といった業種の方が活躍されています。具体的には、土日祝だけ稼働したり、第一次産業(農業、林業、漁業等)に従事されている方が閑散期に稼働しています。また年金受給者の方が、自身のライフスタイルに合わせ活躍されております。タウンサービスでは、一日仕事のみならず、早朝のみ、夜間のみ、隔週で、隔日でといった具合に皆様のライフスタイルに合った仕事をご紹介いたします。

独立開業をした会員のご紹介

【広島営業所】2012年02月入会/白石 文夫さんの場合

きっかけ

大学卒業して30年間、地元の建築系企業勤めておりましたがリーマンショックで業績が悪化。当時営業のトップにおり、リストラ等を推し進めてきましたが、私自身も責任を取り退職を致しました。本当ならば、定年退職まで居るつもりでしたが、これも時代の流れと思い諦めました。次の仕事として、元来釣りが趣味だったもので退職金をつぎ込み遊漁船を購入しました。元々の夢だった遊漁船の船長として、第2の人生をスタートしました。1年ほど遊漁船で生計を立てていたのですが、土日はお客さんも多数来て頂くのですが、平日は開店休業の状態が続き、遊漁船の維持費も馬鹿になりません。タクシーの運転手でもと考えたのですが、どこかに所属してしまうと休みの自由が無くなり、遊漁船の仕事に支障が出てきます。その時にチラシを目にして早速話を聞きに行きました。独立開業の個人事業主だから仕事の選択も可能で、遊漁船の仕事をやりながら掛け持ちで出来る仕事もあるとのことで入会を決意しました。

仕事内容

入会当初は初心者と言うこともあり、素人が最初に行う仕事として最適と言うことで、ネットスーパーの配送仕事を紹介して頂きました。月10日以上の稼働で、休みも事前に申し出ればシフトを変更して頂き、遊漁船の仕事を行いながら、軽運送の仕事もスタートさせました。初めは何事も一所懸命やる性分ですので、慣れないながらもお客様宅へお荷物を運びました。一般宅への配達ですので、マナーが大切でありサービス業であることも教えて頂きました。遊漁船は、土日にお客様を乗せ広島から山口県の周防大島まで出航しております。最近、広島湾ではあまり釣れないので山口まで足を延ばしております。やはり、釣れないことにはお客様に乗船していただけませんので、釣れるポイントまでお連れすることが大切ですね。どちらの仕事にも言えますが、お客様に満足して頂くこと。これが一番かと思っております。

心がけていること

以前のネットスーパーの配送時はお客様宅へ失礼の無い応対と時間通り配達することに気配りして配送していました。最近は医療関係の仕事を紹介して頂き、そこで専属ドライバーを行っています。医療品の配達の場合は、配達先が病院ですので一般宅とは違った対応を求められます。毎日、決まった病院へ物を運びますので、チェックも慎重に行い誤配が絶対にないように気を付けております。人の命にも係わりかねませんからね。又、服装も言葉使いも十分に気を付けております。日々毎日、自分の与えられた仕事を一生懸命行うことが、私のモットーです。平日は軽運送業のドライバー、土日は遊漁船の船長として、サラリーマンの時では考えられないような生活をしておりますが、この二つの仕事をこれからも自分の天職と思って奮闘していきます。サラリーマンの時より忙しい日々を送っておりますが、それもこれもあの時に会社を退職して一歩踏み出したことが転機となったのだなと感じています。

説明会スケジュールのご案内

あなたのお住まいの地域でも説明会を随時開催しています。

お問い合わせ窓口

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご相談

03-5961-0361

受付時間/平日9:00~18:00

メールでのご相談